postheadericon 医療技術の進展で歯医者も変わる

愛知・岡崎市のご当地キャラは「オカザえもん」。
最近、岡崎市の名物、八丁味噌を使用した「オカザえもんの八丁味噌レシピ」というレシピ本を出版。

八丁味噌というのは、蒸した大豆をみそ玉にし、そのみそ玉を軒下などにつるして造るという、変わった工程を経て製造されます。

そのみそ玉に、自然な状態で菌がついた豆麹を原料にしてつくった暗褐色の豆味噌で愛知県岡崎市の名産といわれている味噌。

味噌カツ、味噌おでん、エビフライなどなど、美味しいものを食べた後は歯磨きを忘れてはいけません。
歯磨きをしないと虫歯になりますからね。

現在の歯医者は、ただ、虫歯を治療すればよいという時代ではなくなりました。
市販のブラッシンググッズとCM効果で、すっかりと虫歯予防が周知されるようになったからです。

いまや、歯医者の治療ポイントは、美的効果のある治療で自費治療に傾倒しています。
審美歯科、美容歯科、矯正歯科などといわれている治療です。

そういえば、虫歯も削らずに治療する時代になってきました。
健康保険の適用にはなりませんが、自費治療でなら薬をつけるだけの痛みのない治療法のようです。

そして、入れ歯に替わってインプラント治療が多くなっています。
医療技術の進展により歯医者の形も様変わりしているようです。

▲おかだ歯科・こども歯科▼
岡崎・安城・刈谷のインプラントなら「おかだ歯科・こども歯科」